ボンネットをコンコン
2013 / 12 / 11 ( Wed )
1470163_437309136369563_748634151_n.jpg

寒くなって来ると、暖をとる為に車のボンネットに猫ちゃんが入り込んでいる事が多々あるそうです。 そんな所に猫が入るはずが無い。 そう思う方もいるかもしれませんが、車のエンジンルーム。下から覗くといくらでも隙間があります。
もし気づかずに車のエンジンをかけてしまうと・・・ 考えただけでも恐ろしですね
一番の対策としては、 エンジンをかける前にボンネットを軽く叩く。 JAFでもこの方法をすすめています。 これをするだけで 猫は警戒心が強いので、 暴れたり逃げたりします。 もし子猫が入り込んでしまって 自力で出れないでいたら、まずは車のボンネットをあけましょう。 上のほうまで上がってきていればそのまま猫を取り出す事が出来ます。 車に乗る人の義務だと思って、 ぜひ乗る前のコンコンを実践していただきたいです

久保
スポンサーサイト
21 : 35 : 50 | 動物病院(獣医師) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<もうすぐ冬至 | ホーム | 世界最古の公衆トイレ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mimurashell.blog71.fc2.com/tb.php/790-777d0ad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |