シェルター
2013 / 03 / 31 ( Sun )
前回から震災での動物被害について記載していますが、今回は犬猫のシェルターについて書きたいと思います。
震災後、沢山の動物達が保護されてきました。
その中には、もともと飼われていた動物がとても多くいます。また、問題点として、犬猫の野生での繁殖、特に猫の野生での繁殖はすでに第五世代にまで上ると言われています。
そして、そういった動物達の保護において、犬猫の保護シェルターが存在します。
現在も稼働中であり、里親や元の飼い主の捜索は現在も行われています。
ここで保護されている動物は数百頭にもなり、月の維持費は600万にも上るそうです。

月日が経ち被災地以外では動物達もほぼ普通の生活に戻っています。
しかし、被災地ではまだまだ深刻な問題が多くある現実を知って置いて下さい。


宮崎
スポンサーサイト
15 : 53 : 40 | 動物病院(獣医師) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<明日から新年度 | ホーム | コーンポタージュ味>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mimurashell.blog71.fc2.com/tb.php/691-a359b5e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |