ステロイド、気になる副作用は?
2011 / 05 / 02 ( Mon )
この病院では「プレロン」とか「デキサメサゾン シロップ」などがステロイドに分類されています。
普段は皮膚病で痒みが強い時や、神経の異常で脚が麻痺したときなどに使っています。

人でも副作用があると言われていて、動物に使うのも抵抗のある人もいると思います。
すぐに起こる副作用としては、食欲が増したり、多飲多尿になったりします。
また免疫力が低下することがあるのでバイ菌が増えているときには要注意です。
そして、長期的に続けていくと起こりやすいのが糖尿病です。

副作用を気にしていまうと怖くて使いづらくなりますが、薬を処方するときにはちゃんとそれも考えていますので、用法容量を守って使えば大丈夫です。
また、ステロイドの薬は病気に対して有効な部分も多くあり、上手に使えば動物たちの健康に貢献してくれます。
もし心配があれば診察の時に獣医師に相談してくださいね。
スポンサーサイト
21 : 21 : 36 | 動物病院(獣医師) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<HPに関するお知らせ | ホーム | ひょう>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mimurashell.blog71.fc2.com/tb.php/252-44ad8a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |